意外と気になる!電話占いの流れを紹介


電話占いというサービスが始まって、かなり年月が経ちます。
それでも実際に占いを受けるために鑑定師の元へ行くという手間がなく、どこでも肉声で占いを受けられることから人気を博しています。
そういった流れから新たに依頼をしたいと考えている方は多く、今も電話占いを検討している方もいるはずです。
しかし、始めて電話占いを受ける方にとって、どのような流れで電話占いが行われるのか分からず不安に思われている方も少なくありません。
そこで今回、電話占いの流れについて説明し、各パートごとにどのような占いが行われるのかをお話ししていきます。
これを読めばきっと電話占いの流れについて知ることができるのではないでしょうか。
それでは早速大まかな流れについて説明していきましょう。

電話占いの大まかな流れ

電話占いの大まかな流れとして電話占いのサービスに登録を行う、希望する鑑定師に電話をかける、そして鑑定を受けて、料金を決済するという流れです。
このように文章にすると長く感じられますが、実際に行ってみると意外に簡単な手順で電話占いが受けられます。
そういった簡単さは、今も電話占いが根強い人気を持っている秘訣です。
電話占いのこれらの流れについて項目ごとに解説していきます。

流れ1:登録を行って電話占いを受ける

最初にインターネットで会員登録をします。この時に簡単な連絡先と決済方法(クレジットカードなど)を入力することもあります。
大手の電話占いサイトはこういった個人情報の管理が厳格に行われているので、余程のことがない限り安心して入力しましょう。
基本的に多くの電話占いサイトでは名前、メールアドレスだけでOKなことが多く、住所などが聞かれることはありません。
また会員登録しても年会費などは一切かかりませんから、気軽に入力できます。

流れ2:希望する鑑定師を指定して電話をかける

次に希望する鑑定師を指名して占いを受けます。
選ぶときは、自分の好みで選ぶというのもありです。
しかし、人気順位の高い鑑定師、予算に合った鑑定師(鑑定師によって料金が異なる)といった選び方もあります。
他には自分の相談したい悩みに強そうな鑑定師や好みの占術(カードや四柱推命など)、相性などを考慮して選んでみても良いかもしれません。
ただ、人気のある鑑定師は当日連絡できない場合が多いので、予約することもあるという点に注意しましょう。

流れ3:鑑定師と電話占いで鑑定を受ける

これがメインです。サービスによって2パターンあり、電話を直接鑑定師にかけてつながるタイプと音声ガイダンスによって鑑定師につながるタイプの2つがあります。
このタイプはサービスによって異なるので、事前にサイトなどで確認しても良いですし、特に気になることはないでしょう。

ここでのポイントとして、あらかじめメモで相談したいことをまとめておく、可能であれば録音できるようにしておくということです。
特に初めての方は鑑定師の占いに圧倒されて、何を聞いたのか、どんな鑑定結果が出たのか真っ白になってしまう方も少なくありません。
聞くことを整理し、録音が難しければメモを取るなど鑑定結果が後で分かるようにしておきましょう。
見直してみると意外なアドバイスを受けていたということも多くあります。
また、時間制になっていることも多いので、聞きたいことはしっかり整理しておくのが節約につながります。

流れ4:電話占いの料金を決済する

電話占いをクレジットカード決済や銀行振り込みなど後払いにしている場合がほとんどです。
後日料金明細が来るので指定された方法で速やかに鑑定料金を支払いましょう。
料金システムは電話占いによって異なるので、気になる方は事前に電話占いのサイトでチェックしておくのが重要です。
基本的に鑑定料(1分当たり)×通話時間というものがほとんどですが、微妙に異なる場合もあるので調べておくのをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする